2007年07月31日

アナウンサーの面接

アナウンサーになるためには面接はさけてとおれません。
面接するにあたってなにを気をつければいいのか。けっこう気になってる人もいるんではないでしょうか。

ここでは、ちょっとした面接方を書き出しますね。
アナウンサーになるための面接のときに役立ててください!


面接の時は、とても緊張しますよね。
中には、面接の数をこなすことを、生きがいとしている人もいるかもしれませんが、多くの人は、できれば面接なんて受けたくないと思っているのではないでしょうか。 しかし、世の中で生活している限り、面接を避けて通るのは難しいです。進学や就職などの人生の節目に、大抵の場合、面接が待ち構えているのです。


面接の時に、自分の考えや思いをきちんと話せるようになるためには、人と話をする時はいつも、そのような話し方ができるよう心がけるべきです。 自分は話し上手ではなく聞き上手という人もいるでしょうが、それでは、面接の時に困ります。面接のために、話し上手になる努力をしましょう。 人前で話すのは恥ずかしいかもしれませんが、面接の練習のため、スピーチをする機会があれば、大いにそれを利用しましょう。

また、面接の時に、尊敬語や謙譲語をごちゃまぜにして使うと、それだけで、面接の相手の心象を悪くしてしまいます。面接のために、正しい日本語をマスターしておきましょう。 面接を何度も受けている人以外、面接に慣れている人はいないですし、緊張することなしに、面接を受けられる人はいないと思います。 少しくらい緊張した方が、面接の結果は良くなると考え、なるべくリラックスして、面接を受けましょう。
posted by loveアナウンサー at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アナウンサーになりたい日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。